デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン専用石鹸って?

デリケートゾーン専用石鹸とは、デリケートゾーンに優しい石鹸です。
「素肌と同じ、弱酸性」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
この言葉とおり、素肌は弱酸性です。

肌は弱酸性が保たれる事で、様々な細菌の侵入を防いでくれる事ので肌の健康が守られます。
肌に良い細菌だけが残り、これがまた他の雑菌の侵入や増殖を防いでくれています。
この良い菌を「常在菌」といいます。
肌は弱酸性に保たれ、常在菌によって守られている状態が一番いい状態といえます。

なので、アルカリ性の度合いによっては刺激を感じるようになっています。
(もちろん酸性でもその酸性度合いが高いと同じように刺激となります。)
中性より少し酸性に傾いた辺りが、肌にとっては丁度良い状態なんですね。

肌は、このようなバランスを好むので、
アルカリ性の石鹸を使うとヒリヒリしたり、刺激を強く感じることがあります。
ただ、市販のボディーソープはアルカリ性のものが多いです。それはなぜなのでしょうか?

これには面白い理由がありました。調べたのでご報告しますね。

石けんを使うと綺麗になる理由は、界面活性剤の働きによるものです。
ただ、界面活性剤は汚れを取るにはいい役割をするんですが、肌に残るといい働きをしません。
むしろ肌に悪い影響がでてきます。
そのため、アルカリの性質を使って、肌に残った界面活性剤を落としているんです。
肌に残った界面活性剤は一方で水分を捉え、洗い上がりをしっとりとさせ、つっぱり感がなくなります。
使用感はとても良いのですが、毎日使用していると、肌が育つケアのブレーキ役となってしまうんです。
なので、どうしても市販のボディーソープはアルカリ性のものばかりが普及しているんですね。

肌の為に、弱酸性の石鹸がいい!!けど、界面活性剤を使ってるならアルカリ性じゃなきゃ危なそう。。。

そんな貴方にはIDRのロンタルをおすすめします!!
このロンタルは弱酸性で界面活性剤不使用です!!

なので、洗い心地は他のボディーソープとは少し違いますが、
デリケートゾーンには優しい仕様になっています。

洗い心地は、普通の石鹸よりも洗い上がりがキュッキュしない。という感じです。
アルカリ性のボディーソープで洗うと、お風呂を出た後すぐに肌が乾燥してしまっている感覚がありますが、
ロンタルならお風呂からでてもしっとりとしているので、使い心地がいいです。
わざとしっとりしているというよりも、自然なしっとり感なので、とても気持ちがいいですよ。

またIDRは布ナプキンも販売しているので、女性の立場にたった商品開発をされているので、
安心して使う事ができますね。

私もリピートしています。

デリケートゾーン専用石鹸はこちら>>>
(他のページに飛びます)

私のロンタルの体験談>>>

 

サイトマップ

くりっく365業者の比較